FC2ブログ

佐村河内守 交響曲第一番《HIROSHIMA》

20140302200522638.jpg

久々にテレビやネットを賑わせる大物が出てまいりました。
皆さんご存知の佐村河内守氏でございます。

わたくし太郎は今回のゴーストライター騒動で初めて佐村河内氏を知りました。
簡単にいうとただの嘘つきだったという話なんですが、
なんでここまでこの話が面白いのかというと
大々的にその嘘がばれちゃったことです。

嘘がばれるというほど恥ずかしいことはありませんし、
人の嘘を暴くときはなんだか楽しくなっちゃうものです。

なのでこの騒動はこんなに盛り上がっているのでしょう。

テレビやネットを見ていると
これでもかというくらいネタにされている佐村河内氏。

そこでわたくし太郎は逆に佐村河内氏を擁護してみたいと思います。
どうすれば嘘がばれなかったのか?
これからどうすれば許してもらえるのか?
真剣に考えていきたいと思います。

そうすることで《HIROSHIMA》の売り上げの一部をいただけないだろうか?
そんなことを考えてしまいます。



まず実は耳が聞こえていたという問題。
これは嘘が中途半端すぎました。

どうせやるなら目も見えない喋れない歩けないくらいまでやっちゃってればよかったんです。
毎回車椅子で登場して胸に手を当てたあと何もしないで去っていく。

さらに作曲は神からの啓示があるとか
わたしは人間ではないくらいまで言っちゃってれば
嘘つきとか詐欺師ではなく
うわぁ…この人危ない人だぁ…
だけで済んだかもしれません。

しかしもう嘘はばれちゃってるので嘘を本当にするしかありません。
ということで自分で耳の鼓膜を破っちゃう。
それか耳なし芳一みたいになっちゃって、新たに耳なし守としてデビューしちゃう。

しかし何を言ってももうばれちゃってるんです。恥ずかしいんです。

CDを買っちゃった人なんかは怒っているはずです。
クラシック通の人なんかはドヤ顔でこのCDを人に勧めちゃったかもしれません。
佐村河内氏の罪は深いのです。

ここまで来たらもう開き直るしかありません。
交響曲第一番《HIROSHIMA》に代わる新たな名曲を作って発表しちゃいましょう。
もちろん作曲は新垣氏で。

ではどんな曲がいいか?
わたくし太郎、一生懸命考えました。
佐村河内氏の新たな門出。
それを発表して今回はお別れにしたいと思います。





交響曲第一番《YAMAGATA》

もうここは都道府県シリーズと題して勝手に
各都道府県のテーマ曲を作っちゃいましょう。
ということでその第一弾は《YAMAGATA》。
雄大な自然とおおらかなズーズー弁を表した
壮大でいて優しい旋律の曲。
それが交響曲第一番《YAMAGATA》。



交響曲第一番《MAJIGOMEN》

曲で悪いことをしたんだから曲で謝るのが筋ってもんでしょう。
嘘を反省するかのような悲哀の旋律に
でも許して欲しいんだよ!という茶目っ気のあるポップな感じが組み合わさった曲。
それが交響曲第一番《MAJIGOMEN》。



交響曲第一番《HANAKUSO》

もうこれは完全にネタです。
曲を出して開き直っている上にさらに開き直ったのがこの曲。
まさに半か丁かの大博打。
めちゃくちゃなふざけた曲調でさらに佐村河内が歌っちゃう!
それが交響曲第一番《HANAKUSO》。

テーマ:日記 - ジャンル:アフィリエイト

おすすめ記事
過去の記事はコチラ

imagesCAYVOL8Y.jpg

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ記事
IMG_0043-2.jpg
大根をかじる少年