FC2ブログ

小野田寛郎さん 30年のサバイバル

2014012700252085d.jpg


太平洋戦争の終結後日本の敗戦を信じず
30年間フィリピンのルバング島で
戦い続けた大日本帝国の軍人です。

三十年…長いですね。
わたくし太郎はまだ三十手前の年齢ですが
今のわたしの人生以上の年月を異国の敵地の森の中で
身を潜めて暮らしていたのです。

想像を絶します。

ただ身を潜めていただけではなく
潜伏中百数十回における戦闘を行い
在比米軍、フィリピン警察、民間人を含む
三十名以上を殺傷しました。

もし自分が同じ状況で敵地のジャングルに放置されたら
「虫マジでキツイっす」と言って
三時間で投降することでしょう。

戦争が終結したのにもかかわらず
多くの人を殺したとの批判もありますが、
わたくし太郎が驚嘆したのは
異国の敵地の森の中で三十年も生き抜いたということです。

さらに驚いたのは
投降の際のその顔です。

上の画像を見ればわかりますが
もう30年くらいいけるんじゃないかと思わせるほど
勇猛で精悍な顔をしています。

小野田さんはこの時すでに51歳。
20〜50歳という男の一番大事な時期を
ジャングルの中で過ごしたということになります。

ジャングルで30年生き抜いてしまう小野田さんのことですから
その30年を仕事に置き換えていたら
なにか大きなことを成し遂げていたのではないかと思ってしまいます。

きっとそういうような後悔は
小野田さん自身が一番感じていたことかもしれません。

そしてその後悔の原因はやはり戦争であり戦争というものは多くの人に
過酷な苦労や苦難を強いてしまうということを改めて感じました。

普通の世間一般とは違う人生を歩んだ小野田さん。
晩年は講演会や自然塾を通して逞しい日本人の育成に尽力したそうです。



さて30年のサバイバルということで
小野田さんのことについて話してきましたが、
「30年の〜」というフレーズ
かっこいいと思ってしまいます。

どんなちっぽけなものでも
30年続ければ箔がついてかっこよくなるのではないか?

ということで30年続ければ
かっこよくなるであろうことを考えました。
今日のその時です。





1 「30年のハロワ通い」

30年通い続けるのは大したもんですが
就職する気はないのでしょう。
皆勤賞なんだけど成績は底辺な
高校生みたいなもんです。
簡単にいうとただのニートだよっ★



2 「30年の金縛り」

とんでもなくこの世に未練がある霊に取り憑かれたパターンですが
30年もの付き合いなら相当な親友です。
そろそろ君の手で成仏させてあげようっ★



3 「30年の阿波踊り」

来る日も来る日も阿波踊り
もう手も足も腰もボロボロです。
それでも彼は踊ることをやめないのです。
阿波踊り♩阿波踊り♩
阿波踊りったら阿波踊りっ★


テーマ:日記 - ジャンル:アフィリエイト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ記事
過去の記事はコチラ

imagesCAYVOL8Y.jpg

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ記事
IMG_0043-2.jpg
大根をかじる少年